こだわりの注文住宅。まずは土地探しに全力投球

私の場合、職住接近で中心市街地に近い土地探しから始めました。

施工業者は家内が気に入ったこともあり地元のホームメーカーでした。そのため自社の分譲地(地域が偏っていて自分のニーズに合いませんでした。)や仲介物件から探すスタイルで自分のニーズにあった土地を取り扱っていませんでした。

大手でない場合、土地の選択肢が狭いことがデメリットと感じました。

結局、自分たちで情報収集するしかなく、地元では大手の不動産会社からのHP上と紙媒体からの情報収集を続けました。

なかなか自分たちのニーズに合致せず今回は家を建てるのをあきらめかけていた1か月後、発行日にもらってきた情報誌上で、条件に合致する物件を見つけることができました。

すぐ不動産会社の担当者に連絡をとり、物件の下見を当日のうちに行い、家内も満足しましたので、施工業者の担当者にも実際に足を運んでもらったうえで、土地売買契約の場にも立ち会ってもらいました。

地元の施工業者や設計事務所などで注文住宅で建築する場合、やはり土地の取得にまず労力がかかる場合が多いと思います。しかし、このハードルを越えますと実際に注文した通りに建物が完成していくのを会社帰りに数日に一回見に行くのがとても充実した時間となりました。

大手のハウスメーカーの場合、ある程度立地が限定されてしまいますがまずまずの立地ですので、手軽に建てることができますが、注文住宅にこだわるのでしたら立地で手間をかけるべきだと思います。